[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 過食症について > 病気について > 生薬 > アサガオ(朝顔、英:

アサガオ(朝顔、英:

アサガオ(朝顔、英:Japanese morning glory、学名:Ipomoea nil、シノニムPharbitis nil )は、ヒルガオ科の一年性植物。つる性。日本で最も発達した園芸植物。

葉は広三尖形で細毛を有する。真夏に開花し、花は大きく開いた円錐形で、おしべ5、めしべ1を有する。

目次

  • 1 歴史と文化など
  • 2 象徴
  • 3 アサガオが登場する故事成語など
  • 4 生薬
  • 5 近縁種
  • 6 花言葉
  • 7 その他
  • 8 関連事項
  • 9 外部リンク

[編集]

歴史と文化など

奈良時代末期に遣唐使がその種を薬として持ち帰ったものが初めとされる。朝顔の種の芽になる部分には下剤の作用がある成分がたくさん含まれており、奈良時代、平安時代には薬用植物として扱われていた。和漢三才図絵には4品種が紹介されている。

遣唐使が初めてその種を持ち帰ったのは、奈良時代末期ではなく、平安時代以降であるとする説もある。この場合、古く万葉集などで「朝顔」と呼ばれているものは、本種でなく、キキョウあるいはムクゲを指しているとされる。

江戸時代には品種改良が大きく進んで観賞用植物となり、木版の図譜類も多数出版された。また、夏の風物詩としてそのさわやかな花色が広く好まれたため、鉢植えの朝顔が牛車の荷車に積載されて売り歩かれるようになった。このため、江戸時代には、朝顔牽牛花とも呼ばれた。葉が縮れているものや花びらが細かく切れているものなどいわゆる「変化物」が大変もてはやされ、非常な高値で狂騒的に取り引きされた。現在これらは遺伝学の研究材料としても用いられる。江戸時代には「黄色の朝顔」も作られたとされるが、現在は「黄色の朝顔」は知られていない。このため、「黄色の朝顔」は、「黒色の朝顔」と並び、「幻の朝顔」と呼ばれる(ただし、黒色に近い品種は存在する)。

[編集]

象徴

アサガオを市区町村の花としている自治体の一覧。

  • 東京都台東区
  • 武蔵野市
  • 横浜市旭区
[編集]

アサガオが登場する故事成語など

  • 朝顔の花一時(あさがおのはないっとき)
  • 朝顔に釣瓶取られて貰い水
[編集]

生薬

種子
拡大
種子

種子は「牽牛子」(けんごし)と呼ばれる生薬で日本薬局方にも収録されている。粉末にして下剤や利尿剤として薬用にする。煎液にしても効かない。

朝顔の種は、煮ても焼いてもいってっも効能がある。

[編集]

近縁種

近縁種には、同じく園芸植物として改良されているソライロアサガオIpomoea tricolorや、マルバアサガオIpomoea purpurea、などがあり、英語でMorning gloryと総称する。

また、ノアサガオIpomoea indicaは本州南岸以南に分布する野生種である。多年生のツル植物で、古い茎はやや木質化する。沖縄では低地の森林や藪にごく普通に生育している。

[編集]

花言葉

「明日もさわやかに」「はかない恋」「貴方に私は絡みつく」。

[編集]

その他

  • 小学生低学年での観察実験の教材としてよく使われている。
  • 俳句では、夏ではなく、秋の季語。
[編集]

関連事項

  • ヒルガオ
  • ヨルガオ
  • ユウガオ(ウリ科)
  • チョウセンアサガオ(ナス科)
  • ツクバネアサガオ(ペチュニア、ナス科)
  • チューリップ・バブル(17世紀、オランダ)
  • 真源寺(入谷鬼子母神。7月に朝顔市を行なうことで有名。)
[編集]

外部リンク

アサガオ画像データベース(遺伝学普及会)

アサガオホームページ(九州大学)


ウィキメディア・コモンズに、アサガオに関連するマルチメディアがあります。
『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved