[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 過食症について > 病気について > 症候群 > 腹水 (ふくすい)

腹水 (ふくすい)

腹水 (ふくすい) は、医学における症状、病態で、腹腔内に異常に多量の液体が貯留した状態ないしはその液体をいう。

医療情報に関する注意:ウィキペディアは百科事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に相談してください。


目次

  • 1 原因
  • 2 症状・所見
  • 3 治療
    • 3.1 原因疾患の治療
    • 3.2 利尿薬
    • 3.3 アルブミン
    • 3.4 腹水穿刺
    • 3.5 腹腔-静脈シャント
    • 3.6 薬剤の腹腔内投与

[編集]

原因

腹腔内には正常な状態でもごく少量の液体があるが、

  • 血漿蛋白の減少による膠質浸透圧の低下
  • 門脈圧亢進
  • 腹膜炎、悪性腫瘍の腹膜播種、肝癌の破裂

といった原因により、多量の濾出液や滲出液が見られるようになる。肝硬変ではアルブミン合成能低下及び門脈圧亢進により前者のタイプ、腹膜の炎症や癌では後者のタイプが見られる。

[編集]

症状・所見

腹水が貯留すると、体重増加、腹部膨隆、尿量減少が見られ、打診、触診上異常所見が得られる。腹部超音波検査や腹部CTによって診断できる。

[編集]

治療

[編集]

原因疾患の治療

腹水の原因となる疾患の治療がまず大前提となる。しかしながら、肝硬変や癌性腹膜炎による腹水は原疾患のコントロールが困難であり、対症療法が主となる。

[編集]

利尿薬

体内の水分を尿として強制的に排出し、腹水の減少を図る。ループ利尿薬が第一選択として使われる。肝硬変による難治性腹水に対してはK保持性利尿薬も合わせて使われる。

[編集]

アルブミン

低アルブミン血症など血漿の膠質浸透圧が低下した状態では、血管内に水分を引き込むことができず、利尿薬の効果が上がらない。アルブミンの投与により、一時的ではあるが膠質浸透圧を上昇させ、腹水を血管内に引き戻すことができる。投与時は必ず利尿薬を併用する。

[編集]

腹水穿刺

腹腔内へ管を入れ、腹水を直接抜く方法。即効性で効果も大きいが、原因が取り除かれない限り腹水は再び増加する。腹水にはアルブミンなどの血漿蛋白が多く含まれるため、頻回の穿刺排液は血漿蛋白の喪失を助長し、かえって腹水を増悪させる。血漿蛋白の喪失を防ぐため、抜いた腹水を濃縮して再び腹腔や静脈に戻すこともある。

[編集]

腹腔-静脈シャント

逆流防止弁の付いたチューブで腹腔と静脈をつなぎ、腹水を静脈に流す方法。チューブを入れる手術が必要。Denver shuntが有名。Le Veen shuntとも呼ばれる。

[編集]

薬剤の腹腔内投与

癌性腹水に対し、ピシバニールなどを腹腔内に注入する方法が試みられることがある。

『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved