[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 過食症について > 病気について > 症候群 > 肺水腫(はいすいしゅ

肺水腫(はいすいしゅ

肺水腫(はいすいしゅ、pulmonary edema)とは、肺の実質(気管支、肺胞)に水分が染みだして溜まった状態をいう。溜まった水分により呼吸が障害され、呼吸不全に陥る。

目次

  • 1 概要
  • 2 原因
  • 3 症状
  • 4 検査所見
  • 5 治療
  • 6 関連項目

[編集]

概要

肺にはガス交換のための毛細血管が無数に走っている。毛細血管には元々小さな穴が開いており、血液中の水分(血漿)が血管外に染みだして灌流することにより、周囲の細胞に酸素や栄養分を補給し、老廃物を回収している。正常な状態では染み出す量と戻る量はつり合っているが、何らかの原因でバランスが崩れて染み出す量が上回ると、細胞のまわりは水浸しになり、やがて肺胞や気管支に水が溜まっていく。この状態が肺水腫である。

[編集]

原因

肺水腫になるメカニズムは3つ考えられる。

  1. 血管内圧の上昇
    毛細血管の内圧が上昇して、水分が外に押し出される状態。左心不全や僧帽弁狭窄症などが原因となる。
  2. 血漿膠質浸透圧の低下
    血液中のタンパク質(アルブミン)が減少することにより血管内に水分を留めておけなくなり、血管外に流出する状態。肝硬変やネフローゼ症候群などが原因となる。
  3. 血管透過性の亢進
    血管壁が水分を通しやすくなり、血管外へ漏出する状態。重症肺炎などが原因となる。
[編集]

症状

  • 呼吸困難
  • ピンク色・泡沫状の痰
[編集]

検査所見

  • 聴診 - 肺野全体に水泡性ラ音が聴取される。
  • 胸部単純X線撮影 - 肺野全体の透過性が低下し、真っ白になる。肺葉間に水分が溜まり、vanishing tumorと呼ばれる腫瘤影がみられる。心不全を合併する場合は心陰影の拡大がみられる。
[編集]

治療

原因疾患の治療とともに、肺に溜まった水を引く治療が必要である。

  • 酸素投与 - 呼吸不全の対症療法。
  • 利尿薬 - 体内の水分を尿として強制的に出すことにより、肺から水を引き出す。
  • 強心薬 - 心不全を改善する。
[編集]

関連項目

  • 浮腫
  • 心不全
  • 呼吸不全
  • ARDS
『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved