[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 過食症について > 病気について > 症候群 > 糖尿病性ケトアシドー

糖尿病性ケトアシドー

糖尿病性ケトアシドーシス(とうにょうびょうせいケトアシドーシス、DKA:Diabetic ketoacidosis)は、 糖尿病患者において、インシュリンの絶対的欠乏がもたらす病態である。インシュリンはブドウ糖の利用を促進するホルモンであるが、これが欠乏しているために肝臓、筋肉といった組織が血糖を取り込むことが出来ず、血管内は高血糖であるが細胞内は逆に低血糖状態となる。そのためβ酸化によりTCAサイクルと呼吸鎖を動かすこととなり、血中にケトン体が遊離、このケトンによってアシドーシス(血液が酸性に傾いた状態)となる。 このようなケトンによるアシドーシスは特にケトアシドーシスと呼ばれる。

医療情報に関する注意:ウィキペディアは百科事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に相談してください。


目次

  • 1 原因
  • 2 症状
  • 3 対応
  • 4 治療
    • 4.1 禁忌

[編集]

原因

インシュリンの絶対的欠乏がおこる事態とは以下のような場合である。 ひとつには、1型糖尿病患者の発症時である。最近は特に劇症型1型糖尿病として専門医の間でもHotな話題である。 ふたつめに、1型糖尿病患者がインシュリンを自己注射等によって投与されていないときである。1型糖尿病患者は必ずSick dayの管理法を教えられるが、風邪をひいたときなどにインシュリンをうたないとケトアシドーシスをおこしてしまうことがある。Sick dayの管理とは、風邪をひいて食事をとっていないとしてもインシュリンは打たなければならないという教えである。 教科書的には2型糖尿病患者にもおこるというが、見たことはない。ただし最近は清涼飲料水ケトアシドーシス(ペットボトル症候群)が日本で話題である。ペットボトル飲料を多飲する2型糖尿病患者におこるケトアシドーシスで、多くは軽症で、完全なインシュリン分泌不全への移行を示すわけでもない。

[編集]

症状

  • 意識障害
  • クスマウル大呼吸
    代謝性アシドーシスを来たすのでクスマウル大呼吸を呈する。
[編集]

対応

臨床的には、糖尿病患者の意識障害の原因のひとつである。糖尿病患者が意識障害で救急外来を受診したとき、一般的な意識障害の鑑別を診るのは当然であるが、特に糖尿病患者に特殊な病態として糖尿病性ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧状態、低血糖症、乳酸アシドーシスを考慮すべきである。成因から考えて、糖尿病性ケトアシドーシスは1型糖尿病患者、高血糖高浸透圧状態は高齢者、低血糖症はスルフォニルウレア薬とインシュリン使用患者、乳酸アシドーシスはメトフォルミンというキーワードをそれぞれ覚えるべきである。糖尿病性ケトアシドーシスの診断のためには、350mg/dL前後までのmildな高血糖に加えてアシドーシス、血中あるいは尿中ケトン体の証明が必要である。ただ、最新のアメリカ糖尿病学会ガイドラインでは、高血糖高浸透圧状態と比べて治療法の違いはない。

その他の症状として、口渇、多飲、体重減少、全身倦怠感など非特異的である。糖尿病性ケトアシドーシス患者の腹痛は有名で、急性腹症として扱われることもある。胃痙攣 (gastroparesis) によるものだという。

[編集]

治療

補液がメインであってインシュリン投与は補助的なものである。治療に伴う初期の血糖降下作用は尿中に糖が流出することにあるという。補液は細胞外液にて行う。血糖が250-300mg/dL程度に落ち着くと、それ以上の急激な補正は脳浮腫のリスクを高める為5%グルコースを併用してその程度の血糖値を保つ。また、カリウムを補充する必要がある(なぜならこの治療法はグルコース・インシュリン療法そのものだからである)。食事をとれるようになれば点滴での治療は終了であるが、最初のインシュリンの皮下注の少なくとも30分以上あとに点滴を中止しなければならない。インシュリンアナログを使う場合はこの限りではない。

動脈血pHが7.0を下回る高度のアシドーシスでは、重炭酸塩を投与する。

[編集]

禁忌

カリウムの急速補充・血糖や血漿浸透圧の急速補正・軽度アシドーシスの補正はしてはならない。


『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved