[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 過食症について > 病気について > 診断と治療 > 自己血輸血(じこけつ

自己血輸血(じこけつ

自己血輸血(じこけつゆけつ,autologous blood transfusion)とは、手術を受ける患者自身の血液を輸血に用いる治療法である。

医療情報に関する注意:ウィキペディアは百科事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に相談してください。


目次

  • 1 概要
  • 2 種類
    • 2.1 術前貯血式
    • 2.2 術前希釈式
    • 2.3 術中回収式
    • 2.4 術後回収式
  • 3 注意点
  • 4 その他
  • 5 関連項目

[編集]

概要

手術が予定されている患者の血液を予め採血しておくか術中に出血した血液を回収して輸血するという治療法。患者自身の血液を用いるため、感染や免疫反応(MCTD)などの輸血に伴う副作用を回避できるというメリットがある。

[編集]

種類

自己血輸血の方法は、大きく4つに分類される。

[編集]

術前貯血式

出血がある程度予測できる手術で術前に患者自身の血液を採取し、術後に輸血する方法。採取した血液は4℃で保存しておく。採血した後は鉄剤やエリスロポエチンを投与し、造血を促進させておく。

[編集]

術前希釈式

全身麻酔後に血液を採取し、喪失分を代用血漿で補う。そして術後に採取しておいた血液を輸血する方法。代用血漿で血液を希釈することで、赤血球の喪失を軽減する。

[編集]

術中回収式

術中に出血した血液を吸引管を通して回収し、生理食塩水で赤血球を洗浄して患者に戻す方法。出血量の多い手術で行われる。

[編集]

術後回収式

術後に出血した血液を使用するほかは術中回収式と同様である。

[編集]

注意点

術前回収式は手術の1ヶ月ほど前から採血しておく必要があるため、緊急手術では用いることはできない。また、血液の保存期間にも限度があるため、手術の予定日が確実にわかっていなければならない。

[編集]

その他

古典的なドーピング手法として、一定期間の間に血液を採取した後、赤血球だけを分離。競技前に自己血輸血を行い、一時的に心肺能力を高める手法がある。

[編集]

関連項目

  • 外科学
  • 無輸血治療
『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved