[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 過食症について > 病気について > 心理療法いろいろ > 森田療法

森田療法

森田療法(もりたりょうほう)は1919年(大正8年)に、森田正馬により創始された精神療法(心理療法)である。内観療法とともに代表的な日本製の精神療法として知られる。神経症を専門的に治療の対象とし、入院治療が主流であるが、外来治療が行われることもある。現在は世界的に紹介されており、特に中国で著しくひろがっている。


森田学説は、主として2つの仮説からなる。 ひとつめは、ヒポコンドリー性基調説である。 ヒポコンドリーとは、ふとしたきっかけで不安感を覚え、心気症になりやすい性質のことである。 ふたつめは、精神交互作用説である。 これは、不快な感覚に対して注意を集中すればするほど、不快感が増大することをいう。例えば、大事な用事がある時に限って下痢になってしまい、「下痢になってはいけない」と思えば思うほど下痢がひどくなるなどである。

入院治療は、4つの時期に区分される。

第一期 絶対臥褥期
クライエントを外界からの刺激を受けない個室に隔離し、食事・排泄時以外の活動を制限して布団で寝ているようにさせる。

第二期 軽作業期
臥褥時間を減らし、外界に触れさせ、軽作業をさせたりする。

第三期 重作業期
睡眠時間以外はほとんど何かの活動をしているという生活にし、肉体的な重作業を行う。趣味なども自由に行えるようにする。

第四期 退院準備期
日常生活に戻れるよう、社会生活訓練を行う。

上記の課程を通常約1ヵ月間かけて行い、治療を終結する。入院治療については森田療法専門医の指導のもとでないと非常に危険である。

外来治療は、患者の日記の添削が主である。

患者が思いのままに記録してきた日記の内容を医師が添削し、日常生活における行動のアドバイスを与え、患者が医師の指示通りに行動することによって、神経症の治癒につながる。医師が治すのではなく、医師が「治すためのテクニック」を患者に教え、患者が実行することによって初めて効果が得られる。

入院治療、外来治療ともに、患者自身の「治したい」という意思が重要であり、この心構えがない患者には一切効果がない。治癒までは3ヶ月から数年と個人差があるが、重要なのは「悩んでいてもしょうがない」と患者自身が気づくことである。「気づかせるための方法」が、この森田療法である。 神経症は「治そうとする病気」であり、森田療法は「治そうとしたら余計に治らない」ことを、体をもって理解させる治療法である。

現代医学においては非常に厳しく感じられる治療法のため、存在を知ってはいても実行する患者は少ないが、日本だけでなく、中国、アメリカ等でも注目されている。

[編集]
関連項目
森田正馬

『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved