[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 過食症について > 病気について > 心理療法いろいろ > 催眠療法

催眠療法

催眠療法(さいみんりょうほう)とは、Hypnotherapyの訳語で、催眠を用いる精神療法の一種である。

必ずしも病気治療に限るわけではなく、その限りにおいては医師以外でも行ないうるので、催眠治療と訳すのは誤り。

目次 [非表示]
1 催眠療法家の資格
2 関連項目
3 参考文献
4 外部リンク


[編集]
催眠療法家の資格
催眠療法は能力が客観化しにくいこともあって、特に資格が無くても行なうことができるため、療法家によって能力のばらつきが大きい。そこで欧米では、療法家が協会を結成し、倫理綱領を作ってお互いに一定の質を保証しあうという仕組みが一般的になっている。 言うまでも無く、医師免許や博士号の有無が必ずしもその療法家の能力を保証するものではない。

日本で権威があるとされている資格としては、日本催眠医学心理学会認定の「催眠技能士」がある。 また基本的に、学会に所属している学会員がテレビなどに出演することはない。

[編集]
関連項目
催眠術
ミルトン・エリクソン
自己催眠
気功
ピエール・ジャネ
ジグムント・フロイト
[編集]
参考文献
A・M・クラズナー 『クラズナー博士のあなたにもできるヒプノセラピー』 ISBN 4900550434
[編集]
外部リンク
ヒプノセラピー用語 英和小辞典
日本催眠学会
日本催眠医学心理学会
日本臨床催眠学会
日本ヒプノセラピー協会
催眠術の世界 吉田かずおが送る催眠術の世界

『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved