[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 拒食症について > なりやすさ > もともとの病気

もともとの病気

正常な人は、おなかがすいたときにご飯を食べて、おなかがいっぱいになったらごはんを食べなくなります。それは、食べ物が入る場所である胃というところから、脳へ電気信号が送られるからわかるんです。その電気信号を脳でとらえて、それでおなかがいっぱいだったら、もう食欲が出ないように脳が命令して、逆に、おなかがすいたら今度は脳が食欲を出すように命令します。
この脳の働きがうまくいっていないと、おなかがすいているのに食欲を出す命令が脳から出されなくて、おなかがすいているのに何も食べたくないっていうふうになってしまいます。そうすると、どんどん栄養がなくなっていって、拒食症になってしまいます。
脳がうまく働かないんです。だから、体重を減らそうとするホルモンがたくさん出すぎてしまいます。そうすると、どんどん太れなくなってしまって、食べもしないし太りもしないっていうどんどん拒食症になってしまうんです。

『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved