[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 拒食症について > 栄養の入れ方 > すごい点滴

すごい点滴

普通の点滴は手首とかひじとかに注射をするんですけど、すごい点滴になると、首のところにでっかい針を刺すことになります。
正式名称は「中心静脈栄養」または「高カロリー輸液」といいます。めんどうくさいので、すごい点滴っていうふうに呼んでますけど(^^ゞ
人間の首のしたの鎖骨のところに、太い静脈っていう血管が通っているらしくて、そこに直接チューブで栄養を流し込むっていう方法です。この方法であんまり栄養を入れすぎると逆に心不全(しんふぜん)っていう心臓の病気になったりすることもあります。ということで結構危険なので、これは最後の手段って感じですね。体重が減りすぎてかなりヤバイっていうときにはやむをえずこれをします。
私は一時命の危険があるくらい体重が少なくなったことがあって、ふと意識がなくなって、気がついたら病院にいて、首になにか刺さってたっていうことがありました。それがこれだったんです。
勝手にこんな栄養いれて、太ったらどうするんだ!って文句言いたかったですけどね。実際そうなったし。無理やり太らされた~(>_<)

『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved