[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 拒食症について > 診断の方法 > 画像診断

画像診断

画像診断(がぞうしんだん)とは、体の中の画像を見ることです。
胃カメラのように直接体の中にカメラを入れて写真をとるというやりかたもありますが、ここでは、そういう直接的なものではなく、間接的なものを言います。
どういうものがあるかというと、CT(しーてぃー)とかMRI(えむあーるあい)とかです。こういう大掛かりな機械をつかえば、体の中にカメラを入れたりしなくても、体の中の様子を見ることができます。
摂食障害の診断で見るべきからだの部分というのは、脳です。
「え、やせたり太ったりしてるのに、胴体じゃなくて脳をみるの?」
そうなんです。脳に異常があって、食欲がヘンになっているんじゃないかっていうのを疑っているんです。
こうなると、もうスタイルがどうとかいう問題じゃなくて、命に関わってきます。

『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved