[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 拒食症について > 診断の方法 > 尿検査

尿検査

摂食障害かどうか判定するのに、採血のほかに尿検査もあります。
そして尿検査で調べる項目にもいろいろありますが、拒食症の場合はケトン体(けとんたい)っていうものが尿の中に入っているかどうかである程度わかります。
「ケトン体ってなに?」って思いますよね。それについての説明は、このサイトの「難しい単語」コーナーにゆずるとして、ここでは、それがあると拒食症かもしれないってことだけ言いますね。
なんでかっていうと、ケトン体は脂肪を燃やしたときにできるものだからです。
ふつうはブドウ糖を栄養としてつかうから、脂肪はあんまりつかいません。なのに、ごはんを食べなくてブドウ糖が足りなくなると、脂肪を使うしかなくなって、脂肪を燃やしちゃうんです。
そのほうが嬉しい、わーい!って私も最初は思ってたんですが、やっぱりそんなに甘くなかったでした。
やっぱりちゃんとごはんを食べてれば良かったです。

『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved