[PR]  28才以上太め女性限定180日で彼氏GETの法則

トップページ > 拒食症について > 診断の方法 > 採血(血糖値)

採血(血糖値)

拒食症かな?って思って、最初にお医者さんにいくと、とりあえずこれをやってくれます。
採血(さいけつ)といって、血管から血を注射器で吸い取るっていうことです。
こうやって私からとった血液をいろいろ調べて、体が健康かどうか、摂食障害かどうか調べてくれます。
具体的には、血糖値(けっとうち)。血糖値っていうのは、血の中の砂糖の量です。砂糖といっても、コーヒーに入れる角砂糖とかではなくて、ブドウ糖っていう名前のものですけど(^^ゞ
ごはんとかパンを食べると、そこに入っているでんぷんがだ液で壊されてブドウ糖になります。
つまり、たくさん食べるとブドウ糖がいっぱいになって、血糖値があがるってことですね。
だから、血糖値が下がっていたら、あんまり食べてないんじゃないの?ってことになります。
いくら口で「いいえ、たくさん食べましたよ!」といったって、血を調べられたらバレちゃいますね。

『お買い物へ行こう~♪』
―幸せの見つけ方―
(無料ワーク)
 

Copyright © 2006 なおった!拒食症と過食症. All rights reserved